制汗剤の肌荒れトラブルを予防するための対策

制汗剤の肌荒れトラブルを予防するための対策

顔汗の対策として食生活を改善したり、多汗症の薬であるプロバンサインを服用する方法があります。
しかし、食生活の改善は少しずつ変化するため、即効性は期待できません。また、毎日のことなのでストレスに感じてしまう方もいるでしょう。さらに、プロバンサインの服用は高い効果は期待できますが、副作用の心配やそもそも薬に対する抵抗感がある方も少なくないでしょう。

 

これらを考慮すると即効性を求め、安全性を第一に考えるのであれば、顔汗用の制汗剤が最初の選択としておすすめです。

 

制汗剤と言えば、脇や脚など他の部位に使用するイメージがありますよね。しかし、顔汗で悩んでいる方は意外にも多く、近年ではたくさんのメーカーから顔専用の制汗剤が販売されています。しかし、いくら顔専用と言われても、心配なのは肌荒れなどのトラブルです。汗を止めたくて使用したはずの制汗剤が原因でひどい肌荒れになったら、意味がありませんよね。そうならないためにも、選ぶポイントと使用時の注意点を覚えておきましょう。

 

肌トラブルを起こさないための制汗剤の選び方

顔専用の制汗剤は、着色料や合成香料、鉱物油、それに石油系界面活性剤、パラベンなどの添加物が一切含まれていないものを選んでください。
ひとつでも含まれていると、肌荒れはもちろん、炎症を起こす原因にもなりますし、ひどい場合には皮膚科を受診しなければいけないほど悪化する恐れだってあります。肌に良い成分が入っているかどうかも気になりますが、まずは添加物が入っていないかをチェックするのが優先です。

 

また、制汗剤には定番のスプレーをはじめ、ジェルやスティックなどさまざまなタイプがありますが、顔に使用する際には、塗りやすくて肌に浸透しやすいクリームタイプがおすすめです。なるべくベタつかない制汗剤を選ぶと、化粧ノリも左右されずに済むでしょう。

 

使用時の注意点

基本的には「やってはいけない」と決められていることはありません。
強いて言えば、年齢制限やアレルギーに関することです。制汗剤に年齢制限は設けられていませんが、子どもは大人よりも皮膚が薄く刺激を受けやすいので、特に顔に使用する場合は気をつけたほうがいいでしょう。

 

心配であれば万全を期すためにまずは頬に少し塗ってみて、それで問題なければ使っても大丈夫ですが、体調が優れない場合は念のため使用を中止してください。また、アトピーなどアレルギーがある方は医師と相談して使用すること、顔に怪我をしている場合は治るまでは使用しないほうがいいでしょう。

 

肌荒れなどのトラブルを招かないようにするためにも、制汗剤は慎重に選び、使用時の注意点は必ず守るようにしましょう。

 

制汗剤選びに迷ったときの選び方やおすすめの制汗剤を紹介しています。
トップページ:顔汗を止める薬と制汗剤【ひどい顔汗もピタッと止める方法】

関連ページ

顔の汗には顔に使える薬や制汗剤を!顔に制汗剤を使うときの注意点
顔汗には顔に使える(適用する)薬や制汗剤を使うようにしなければいけません。皮膚が薄い顔に適用外のものを使用すると肌荒れ、かぶれ、かゆみの原因になるので注意してください。
制汗剤はなぜ効果的なのか?作用の仕組みと人気の秘密
顔汗対策として制汗剤がなぜ効果的なのか?制汗剤の作用の仕組みと多くの方に取り入れられている人気の秘密に迫ります。
顔に使える制汗剤の特徴は?顔汗対策用の制汗剤の選び方
顔汗対策として使う制汗剤の特徴と選ぶ上でのポイントをまとめました。肌が薄くデリケートな部位なので顔汗用の制汗剤は正しく選びましょう。
顔汗に効く!制汗剤作用を持つ効果のある成分とは?
制汗剤の制汗作用を持つ主要成分についてまとめました。市場に出回る多くの制汗剤に含まれる代表的な成分になります。
制汗剤とデオドラントの違いは?※効果・成分・どんな人向け?
一緒のものと捉えてしまっている方の多い「制汗剤」と「デオドラント」。この2つの違いについて、効果・成分・どんな人向けなのかをまとめました。あなたに必要なのはどっち?
顔汗適用外の制汗剤は顔に使用しても大丈夫?
脇汗用、足汗用など他の部位に使っている制汗剤を顔に使ってもいいのか?顔汗適用外の制汗剤を顔に使う前に読んでください。顔汗適用外の制汗剤を顔に使うのは注意が必要です。