制汗剤はなぜ効果的なのか?作用の仕組みと人気の秘密

制汗剤はなぜ効果的なのか?作用の仕組みと人気の秘密

会議や発表など人前に出る時や電車の中、それに緊張しているわけでもないのに誰かと話している時に、顔汗がどんどん出て困っている…、という悩みを抱えている方は意外に多いものです。他人の視線が気になると、さらに顔汗は止まらなくなりますよね。今までに保冷剤やシート、化粧直しなどさまざまな対処法を試みたのではないでしょうか。しかし若干の改善が見られたとしても、肌への負担が大きく途中で断念したり、そもそも全く効果が得られなかったという方が多いようです。そんな悩みをお持ちの方のために、近年では顔汗用の制汗剤も登場しています。他の部位用とは違い、肌への負担の軽減を第一に考えて作られた商品です。何をしてもダメだった顔汗が、制汗剤ひとつで改善できる理由、仕組みを知れば、諦めていた方もきっと試したくなります。

 

そもそも顔汗が出るのには理由があります。

 

  • ホルモンバランスが崩れ、結果的に自律神経が乱れている
  • ストレスや緊張
  • 長年の運動不足やエアコンによって、他の部位の汗腺が鈍くなっている

 

これらの原因を解決すれば必然的に顔汗も出なくなるのですが、食事や運動などの生活習慣の見直しは、効果を実感するまでにかなりの期間を要します。それまで続けられる!と断言できる方はそれほど多くないでしょう。今すぐどうにかしたいという方にこそ、制汗剤がおススメなのです。

 

制汗剤には、発汗抑制と皮脂のテカリを抑える効果、そしてホルモンバランスを整える成分が配合されています。さらに、顔は皮膚が薄くダメージを受けやすい部位です。顔汗用の制汗剤は、無添加で石油系界面活性剤や香料、防腐剤など、トラブルが起きる原因になる有害物質は一切含まれていないのが必須条件となります。

 

顔用の制汗剤と一口で言っても、さまざまなメーカーから発売されていて、どれを試すのか迷ってしまうことでしょう。多くの方が実践し、効果の高さが評判になっている商品に「サラフェ」があります。朝の洗顔後に使用し、日中は汗やテカリが気になったらメイクの上からそのまま塗って対応することができます。さらに洗顔フォームで洗い流せるので、使い勝手が良いと女性を中心に人気を集めています。

 

顔汗用の制汗剤は、ジェルタイプやクリームタイプが主流となっています。何をしても改善されなかった顔汗が、制汗剤を使用し始めた途端、ピタッと止まったという意見は多いようです。何故、顔汗に効果的なのか、その仕組みについて知っておけば、すんなりと受け入れられそうですね。

関連ページ

顔の汗には顔に使える薬や制汗剤を!顔に制汗剤を使うときの注意点
顔汗には顔に使える(適用する)薬や制汗剤を使うようにしなければいけません。皮膚が薄い顔に適用外のものを使用すると肌荒れ、かぶれ、かゆみの原因になるので注意してください。
顔に使える制汗剤の特徴は?顔汗対策用の制汗剤の選び方
顔汗対策として使う制汗剤の特徴と選ぶ上でのポイントをまとめました。肌が薄くデリケートな部位なので顔汗用の制汗剤は正しく選びましょう。
顔汗に効く!制汗剤作用を持つ効果のある成分とは?
制汗剤の制汗作用を持つ主要成分についてまとめました。市場に出回る多くの制汗剤に含まれる代表的な成分になります。
制汗剤とデオドラントの違いは?※効果・成分・どんな人向け?
一緒のものと捉えてしまっている方の多い「制汗剤」と「デオドラント」。この2つの違いについて、効果・成分・どんな人向けなのかをまとめました。あなたに必要なのはどっち?
顔汗適用外の制汗剤は顔に使用しても大丈夫?
脇汗用、足汗用など他の部位に使っている制汗剤を顔に使ってもいいのか?顔汗適用外の制汗剤を顔に使う前に読んでください。顔汗適用外の制汗剤を顔に使うのは注意が必要です。
制汗剤の肌荒れトラブルを予防するための対策
制汗剤を使う上で気を付けたいお肌のトラブル。肌荒れなどを起こさないために注意しておきたい点を紹介します。