汗の種類は3つ!顔汗はどのタイプ?

汗の種類は3つ!顔汗はどのタイプ?

汗にも種類があることを知っていますか?汗の種類は主に3つであると言われています。「温熱性発汗」、「精神性発汗」、そして「味覚性発汗」です。それぞれどのようなタイミングで汗が出るのかチェックしてみましょう。

 

 

温熱性発汗

運動した時や体温が上昇した時に出る汗で、上昇した体温を下げるためにかきます。汗は全身から分泌されるのが正常ですが、長年の運動不足やストレス、それに食生活の乱れが原因で、うまく体の熱を外に逃がせない状況に陥る方もいます。これは汗腺が弱まっている証拠でもあり、体温調節を妨げる原因にもなりかねません。

 

精神性発汗

緊張や興奮、それにビックリした時にかく汗です。冷や汗とも呼ばれ、主に手のひらや足の裏、脇の下など局所的にかきます。これは人が狩りをしていた時、緊張で手足が湿って指の感覚が鋭くなり物をつかみやすくしていた習性が、そのまま子孫から子孫へと伝わり、今も残っていると考えられています。例えば、映画館でアクション映画を見たり、面接やプレゼンテーションを行う際など、ドキドキする場面でよく見られます。

 

味覚性発汗

辛いものや酸っぱいものなど、刺激が強いものを食べた時に出る汗です。おでこや鼻など、顔を中心にかきます。カレーやラーメンを食べた後はおでこに汗がにじんでいませんか?それこそが味覚性発汗による汗です。

 

 

暑くもないのに顔から汗が出てくる、拭いても拭いても汗が止まらない、1日にタオルやハンカチを何枚も使う、という方は、温熱性発汗である可能性が高いと考えられます。温熱性発汗は、通常なら全身に汗をかくはずですが、汗腺の機能が低下すると、汗を流すことで放出するはずの熱がこもり、結果的に顔から大量の汗が出てくるのです。時間が経てば汗の量は収まりますが、いつまで経っても変わらない、1日中顔汗で悩まされている、という方は多汗症を疑ったほうがいいかもしれません。

 

多汗症とはその名の通り、汗が多い症状のことを言います。症状が重度の場合は手術を勧められることもありますが、ほとんどの方は薬や漢方薬で体質改善を行っているようです。まずは自分の症状を把握し、多汗症でないかどうか自己チェックしてみましょう。近年では、顔汗用の制汗剤が多くのメーカーから種類豊富に販売されています。それくらい顔汗で悩んでいる方が多い、ということなのかもしれません。少しでも「多汗症かも…」と不安に感じることがあれば、早めに病院を受診したほうがいいでしょう。

関連ページ

顔汗の原因は「多汗症・肥満・汗腺機能不足」の3つにある!
異常な顔汗、大量の顔汗に悩んでいる人には必ず何かしらの原因があるものです。顔汗が人より出てしまう主な3つの原因についてまとめました。